大会概要

大会概要

東海 Liga Student

名称
東海 Liga Student 2016
主旨
高等学校・専門学校・大学が相互で密な交流と情報交換を図り、リーグ戦を通じて術向上に努め、女子サッカーの普及・振興に貢献し日本女子サッカー界の学生の発展に寄与する。
主催
スポーツニッポン新聞社
主管
Liga Student 実行委員会
後援
毎日新聞社
特別協賛
株式会社ウインスポーツ
協賛
株式会社モルテン
期日
予選リーグ      …2016年5月~10月(予定)
決勝ラウンド     …2016年11月(予定)
会場
予選リーグ      …東海各地
決勝ラウンド     …調整中
参加資格
  • 公益財団法人日本サッカー協会に女子登録した、単独チームであること。
  • 外国選手は5名まで登録でき、1試合3名まで出場できる。
参加チーム
高校 大学  
聖カピタニオ女子高等学校
桐陽高等学校
同朋高等学校
磐田東高等学校 
三重高等学校
安城学園高等学校
南山高等学校
静岡産業大学
中京大学
愛知東邦大学 
 
競技方法
予選リーグは16チームを2グループに分けてリーグ戦を行い、各リーグの1~8の順位を出し、順位決定トーナメントを実施する。
  • 予選リーグは10チームを2ブロックに分けてリーグ戦を行い、1回戦総当たりのリーグを行い、各ブロックの順位を決定する
  • 決勝トーナメントは、各ブロックの1・2 位の4 チームで行い順位を決定する
  • 下位リーグは各ブロックの3位2チームと4位の上位1チームの3チーム、4位下位1チームと5位2チームの3チームにてそれぞれリーグ戦を行い、順位を決定する
  • 予選リーグにおける順位決定方法は、勝ち点合計の多いチームを上位とし、順位を決定する。
    勝ち点は、勝ち:3点、引き分け:1点、負け:0点とする。
    但し、勝ち点合計が同じ場合は、以下の項目の順序で順位を決定する。
    1)得失点差:ゴールディファレンス(総得点-総失点)
    2)総得点数
    3)当該チーム同士の対戦結果
    4)前項目が同一の場合は、抽選(当該チーム代表者の立会いによる)
競技規則
大会実施年度の公益財団法人日本サッカー協会競技規則による。
但し、以下の項目については本大会規定を定める。
  • プレーの時間:80分(前・後半40分)
  • ハーフタイムのインターバル:原則として10分
  • 試合の勝者を決定する方法(前記①記載の時間内で勝敗が決しない場合)
    予選リーグ・順位別リーグ:引き分け
    決勝トーナメント:延長戦は行わず即PK戦を行い順位を決定する
    PKに入る前のインターバル:1分
  • 試合毎の登録選手数:制限なし(参加申込選手の中から)
  • 交代できる数:7名(自由な交代なし)
  • テクニカルエリア:設置しない。
  • 第4の審判:任命しない。
  • アディショナルタイムの表示:実施しない。
  • 負傷した競技者の負傷の程度をたしかめるために入場を許される役員の数:2名まで。
  • 本大会の試合を通じて主審より『警告』を3回受けた選手は、次の本大会の1試合出場停止とする。退場を命じられた選手は次の試合に出場できず、それ以降の処置については本大会の規律フェアプレー委員会で決定する。
ユニフォーム
  • ユニフォーム(シャツ・パンツ・ソックス)については、Liga専用を正とし、副として正と色彩と異なる判別しやすいユニフォームをメンバー表に記載し各会場に必ず携行すること。 (FP・GK用とも)
  • シャツの前面・背面にメンバー表に登録した選手番号を付けること。
  • ユニフォームの色、選手番号のオープニング以降の変更は主管に相談のうえ変更を認める。
表彰
  • 優勝・準優勝を表彰する。
  • 表彰式は決勝戦終了後に試合会場にて行う。

PAGE TOP