大会概要

大会概要

関東Liga Student

名称
関東Liga Student 2016
主催
スポーツニッポン新聞社
主管
Liga Student 実行委員会
後援
毎日新聞社
特別協賛
株式会社ウインスポーツ
協賛
株式会社モルテン
期日
オープニング …2016年4月9日(土)・10日(日)
予選リーグ …2016年4月~11月
決勝トーナメント・順位別リーグ …2016年11月26日(土)・27日(日)
会場
オープニング …鹿島ハイツスポーツプラザ
予選リーグ …関東各地
決勝トーナメント・順位別リーグ …鹿島ハイツスポーツプラザ
参加資格
  • 公益財団法人日本サッカー協会に女子登録した、単独チームであること。
  • 外国選手は5名まで登録でき、1試合3名まで出場できる。
参加チーム(30チーム)
神奈川大学・武蔵丘短期大学シエンシア・筑波大学・関東学園大学・尚美学園大学・山梨大学
湘南学院高等学校・横浜翠陵中学高等学校・成立学園中学高等学校・十文字高等学校
文京学院大学女子高等学校・幕張総合高等学校・日本航空高等学校・太田市立太田高等学校
久喜高等学校・本庄第一高等学校・慶應義塾大学・大東文化大学・東京国際大学
修徳高等学校・飛鳥高等学校・花咲徳栄高等学校・東京女子体育大学・日本女子体育大学・東洋大学
順天堂大学・大和高校・高崎健康福祉大学高崎高校・千葉明徳高校・常磐大学高校
競技方法
  • 予選リーグは30チームを3ブロックに分けて行う。その後、決勝トーナメントを行い順位を決定する。
  • 予選リーグにおける順位決定方法は、勝ち点合計の多いチームを上位とし、順位を決定する。
    勝ち点は、勝ち:3点、引き分け:1点、負け:0点とする。
    但し、勝ち点合計が同じ場合は、以下の項目の順序で順位を決定する。
    1) 得失点差:ゴールディファレンス(総得点-総失点)
    2) 総得点数
    3) 当該チーム同士の対戦結果
    4) 前項目が同一の場合は、抽選(当該チーム代表者の立会いによる)
競技規則
大会実施年度の公益財団法人日本サッカー協会競技規則による。
但し、以下の項目については本大会規定を定める。
  • プレーの時間:80分(前・後半40分) ※30分程度のB戦を行う
  • ハーフタイムのインターバル:原則として10分
  • 試合の勝者を決定する方法(前記 1. 記載の時間内で勝敗が決しない場合)
    予選リーグ・順位別リーグ:引き分け
    決勝トーナメント:延長戦は行わず即PK戦を行い順位を決定する
    PKに入る前のインターバル:1分
  • 試合毎の登録選手数:制限なし(参加申込選手の中から)
  • 交代できる数:7名(自由な交代なし)
  • テクニカルエリア:設置しない。
  • 第4の審判:任命しない。
  • アディショナルタイムの表示:実施しない。
  • 負傷した競技者の負傷の程度をたしかめるために入場を許される役員の数:2名まで。
  • 本大会の試合を通じて主審より『警告』を3回受けた選手は、次の本大会の1試合出場停止とする。退場を命じられた選手は次の試合に出場できず、それ以降の処置については本大会の規律フェアプレー委員会で決定する。
ユニフォーム
  • ユニフォーム(シャツ・パンツ・ソックス)については、正の他に副として、正と色彩と異なる判別しやすいユニフォームをメンバー表に記載し各会場に必ず携行すること。 (FP・GK用とも)
  • シャツの前面・背面にメンバー表に登録した選手番号を付けること。
  • ユニフォームの色、選手番号のオープニング以降の変更は主管に相談のうえ変更を認める。
表彰
  • 優勝以下第3位まで表彰する。
  • 表彰式は決勝戦終了後に試合会場にて行う。

PAGE TOP